北海道浦河町にあるアットホームな旅館、中央旅館です。

当館のご紹介|初代看守が秋田から渡道したのは今から約50年前の昭和18年。出身地にちなんだ「秋田屋旅館」の名前で浦河の地で宿を開業しました。昭和30年に「中央旅館」と改名し、現在2代目となった中央旅館。浦河に今も息づく開拓魂はしっかりと受け継がれています。

CONTENTS

ホーム > 当館のご紹介

浦河に今も息づく開拓魂はしっかりと受け継がれています。
旅館名 中央旅館
所在地 北海道浦河郡浦河町大通2丁目13番地
TEL 0146-22-2026
代表者 川越 喜(かわごえ このむ)
創業 昭和18年
定休日

年中無休

浦川にある親戚のお家に泊まりに行く、そんな気分でお越し下さい。

ご予約はお電話でお願いします。

0146-22-2026

誰しもに感動をあたえる街

ページ上部へ